England    Scotland     Wales    A to Z

 

Skipton 城

 1090年頃にロバートロミール(Robert de Romille)によりノルマン様式で築城された。1310年には、この地方の豪族となっていた、ロバートクリフォード (Robert de Clifford)が所有することになり、城の強化に取り組むが、1314年、バノックバーン(Bannockburn)で戦死したため、息子のロジャー(Roger)が城の強化を継承した。 しかし、ロジャーはトマスランカスター(Thomath of Lancaster)を支援し、エドワード2世に反抗したために処刑された。
 薔薇戦争(The Wars of the Roses)当時はランカスター(Lancaster)王家に与して戦ったために、二人のクリフォードが戦死し、ヨーク(York)王家により城を取り上げられた。継承者のヘンリーは身を羊飼いにやつして生き延び、テューダー(Tudor)王朝になり、ヘンリー7世により復権を果たした。

 内乱時代(Civil War)王党派に属して戦い、1645年に落城している。10年後にアンクリフォード(Ann Clifford)がクリフォード家の城の全ての改築に取り組んだ結果現在見られる城郭が残された。
 城はエラーベック(Eller Beck)川に沿い、ロバートクリフォード(Robert de Clifford)が建設した2本の半円形の塔で構成されるゲイトハウス(Gatehouse)が外庭に面して建つ。上部の欄干(Balustrade)はアンクリフォード(Ann Clifford)が改修した部分で、クリフォード家のモットーである、「Desormais(今後は)の文字が書かれている。
  門を入り、内庭の右側には1535年にカンバーランド伯(Earl of Cumberland)が建設したテューダー様式の建屋が多角形の塔まで続く。中心部はノルマン様式の貝型天守(Shell Keep)だが、モット(Motte)は低く小さいために見落とされがち。全体はエドワード様式のD字型をしている。

 直線部分は川の断崖に面し、曲線部分にはすそ広がりの円筒形の6塔が接近して建設されている。このうちの2本がゲイトハウスとして入口を固めている。 テューダー様式の庭には1本の大きなイチイの木が植わっている。 現在も居住城である。

関連URL

 

Skipton Castle A complete medieval fortress (Official website)

よくできたWebサイトです。

http://www.skiptoncastle.co.uk/

 

Skipton Castle - North Yorkshire England (Great Castles)

写真はこちらが充実(95枚)。

http://great-castles.com/skiptongallery.php