England    Scotland     Wales    A to Z

 

Richmond 城

平面図
平面図
 スウェイル(Swale)に沿って建設された。

 マーシア(Mercia)のエドウィン(Edwin)の土地だったが、ウィリアム征服王の家臣のブリタニー(Brittany)公の赤ら顔のアラン(Alan the Red)1071建設開始し、1089までには完成していた
 建設当初から石造りで、11世紀の時代としては早い部類に属する城は次いでアランブリタニー公の所有となる。1171にブリタニー公の死後、ヘンリー2世が現在の天(Keep)を建設した。
 城は建設から300年間、一時中断があったもののブリタニー公が所有し続け、リッチモンド伯領の中心地であった

 1341にブリタニー公ジョン3世が死亡し、城はイングランド王家の家系のジョン(John of Gaunt)の所有となる。ジョンは1372年までリッチモンド伯だった。

 当初は三角形の底辺部分城壁は無く、川に沿う断崖が防衛を果たしていた。天守を建設せずに城壁に側塔が付く形態は珍しい。
 川の断崖に沿うスコランド(Scolland)棟は初代ブリタニー公の執事の名前で、1075建設。当初はここが城の中心だった。
 天守は城門(Gatehouse)を兼ねているが、このような形態は同時代には、当初のラドロー(Ludlow)城に見られる。不釣り合いなほど巨大な天守にはほとんど窓が無く、中は非常に暗い。また中には暖炉の跡がないので、寒かったと思われる。高さは100feetある

 城は15世紀にはその所有者が次々に変わる。
 ネビル(Neville)家、ベドフォード(Bedford )の後は、ヘンリー6世が義弟のエドマンドテューダー(Edmund Tudor)に与え、ヨーク(York)王朝になって、エドワード4世は弟のグロスター(Gloucester)公に与えた。1485年のボスワース(Bosworth)の戦闘でリチャード3世に勝利したヘンリー・テューダーは、即位してヘンリー7世となり、この城の所有者となった。ヘンリー7世がロンドン郊外に建設したリッチモンド宮殿はこの城の名前に由来する。

 町の中心にはマーケットが開かれる広場がり、平日は駐車場となっている

 

Richmond城 近くの町:

  南西15kmの レイバーン (Leyburn) 情報

 

 

関連URL

 

RICHMOND CASTLE (English Heritage)

http://www.english-heritage.org.uk/daysout/properties/richmond-castle/

城訪問前に以下のPDFファイルをiPad等に入れておこう。

http://www.english-heritage.org.uk/publications/step-inside-richmond-castle/richmondcastle.pdf

教師用資料

http://www.english-heritage.org.uk/publications/richmond-castle-info-for-teachers/richmondtk.pdf

 

Guide to Richmond » Richmond Castle (Richmond Online)

http://www.richmond.org/guide/castle.html