England    Scotland     Wales    A to Z

 

Llandovery 城

 ブラン(Bran)川に沿って建設された


 ノルマン征服王朝の騎士である、リチャードフィッツポム(Richard Fitz Poms)が1116年にモットアンドベイリー(Motte and Bailey)様式の城の建設を始めたが、ウェールズ在住の豪族の一人のグリフィッドアプリス(Gruffydd ap Rhys)の攻撃により中止を余儀なくされた。

 その後イングランドのウォルタークリフォード(Walter Clifford)が1158年まで維持していたものの、ウェールズ人のリスアプグリュフィド(Rhys ap Gruffydd)により包囲され落城し、占拠された。1277年にエドワード1世によりイングランド側に戻った。

 

 ジョンジファール(John Giffard)がD字型の塔を加え、城壁を強化した。

 1282年にスリウェリン王(Llywelyn the Last)により一時ウェールズ側に渡るが、14世紀には廃墟となった。

 ウェールズの中央部で交通の要所に位置する城として、イングランド側とウェールズ側で城の攻防戦が繰り返し行われ所有が23転した顕著な例。

 現在は城壁の一部が残るのみで、町の中心にる公園となっている。

関連URL

 

Llandovery Castle (Castles of Wales)

http://www.castlewales.com/llandov.html

 

Llandovery Castle (Wales Tourism)

http://eventpicture.co.uk/TourismWalesCastlesLlandoveryCastleLlandoveryInTheHeartOfWalesCastlesofWales.aspx

 

Llandovery Accommodation information (BritainExpress)

http://www.britainexpress.com/attractions.htm?attraction=482#tabs-5