England    Scotland     Wales    A to Z

 

Kidwelly 城

平面図
平面図
詳細図
詳細図

 ノルマン征服王朝ウェールズ征服時にグウェンドラス(Gwendraeth)川に沿って建設された。

 

 1159年には、ウェールズの豪族から攻撃を受けて焼失。1190年にはウェールズ人により城が建設されたが、1201年にイングランド側の手に戻った。1298年にランカスター(Lancaster)伯ヘンリー(Henry)の所有となる。刎ね出し狭間(Machicolation)の施された、二本の円形の塔で構成されるゲイトハウス(Gatehouseは1422年に最終的に完成した。

 

 シンメトリー形式で計画されたが、半分が川に沿うために円形でなく半円形となっている。城壁には胸壁が施され、壁垣は移動できる幅(Rampart)が確保されている。城壁は数次にわたり高度が加わり強化されたことがその石積み方式で判明する。

 一部集中(Concentric)様式となっており、城はウェールズにるが、建築様式からイングランドの城であることが判る。
 現在の川は浅くて防御の役には立たないが、建設当時は十分な深さがったと思われる。

 川に向かい出ている部分は教会(Chapel)で、裾が広がる(Spur)形式になっている。これはウェールズ地方にある独特な形式で、他にカーフェリー(Caerphilly)城のダム(Dame)部分やグッドリッチ(Goodrich3本の塔に見られる。

関連URL

 

Kidwelly History (Kidwelly Town Council)

http://www.kidwelly.gov.uk/kidwelly-history.html

 

Kidwelly Castle (Castles of Wales)

http://www.castlewales.com/kidwelly.html