England    Scotland     Wales    A to Z

 

Fotheringhay 城

平面図
平面図
 ニーン(NENE)川に沿って建設されたモットアンドベイリー(Motte and Bailey)様式の城。

 1100年頃、ノーザンプトン(Northampton)伯シモン・デ・センリス(Simon De Senlis)が建設。建設当初城の周囲は川と池で囲まれていた。

 エドワード3が息子のエドマンド・ラングレイ(Edmund Langley)に与え、後にヨーク(York)公の好んで住む城となる。1452年にリチャード3世はこの地に生まれ、幼少期を過ごした。

 1460年、リチャード3世の父親のヨーク公リチャード(Richardランカスター(Lancaster)王家のヘンリー6世に戦闘で敗れた後に殺害され、ヨーク市のミックルゲイトバー(Micklegatebar)に首を晒され翌1461年にタウトン(Towton)の戦闘でランカスター側に勝利したエドワード4世は父親首を降ろして、城に隣接し教会に身体と共に盛大な埋葬の儀式を行った。
 現在では教会は半分の大きさになり、すでに過去の栄光は失せている。
 エリザベス(Elizabeth)女王を継いだ、ステュアート(Stuart)王朝のジェイムズ1世(James)は、母親のメアリー(Mary)女王がエリザベス女王によりこの城に幽閉され、その後処刑されたことから、城の存在をゆるさず、徹底的に破壊させた。
その結果、現在では城の跡は小山が残る程度で、何も残っていない。 現在城の遺跡は農家の中にあり、道路からも認識しにくい。

 川に沿って置かれた大きな一つの石は、最近になって川底から引き揚げられた、ただ一つの城のあった証拠となる石である

 看板は、ここリチャード3世の生誕地であることとスコットランドのメアリー女王の死去した場所であることを示している。

 

Fotheringhay 城 近くの町:

  北に約20kmの スタンフォード (Stamford) 情報

 

 

関連URL:

 

Fotheringhay
(Mary, Queen of Scots Home Page)

http://www.marie-stuart.co.uk/Castles/Fotheringhay.htm

 

Ricardian Sites : Fotheringhay (The Richard III Society Web Site)

リチャード3世のサイトがある。 

以下に城の復元図あり。
http://www.richardiii.net/fotheringhay.htm

 

Fotheringhay CastleReconstruction (Caithness.org)
 
http://www.caithness.org/caithness/castles/noncaithness/fotheringaycastlereconstruction.htm

 

Places to Stay near Fotheringhay (Information Britain)

http://www.information-britain.co.uk/county14/townguideFotheringhay/