England    Scotland     Wales    A to Z

 

Doune 城

平面図
平面図
 グラスゴウ(Glasgow)とエディンバラ(Edinburgh)の中間にあり、タイス(Teith)川とアードロックバーン(Ardrock Burn)との交差点に位置、交通の要所を占めている。

 ジェイムズ1世(James Iが、イングランド内に捕縛されている14世紀に第2代オールバニ(Albany)公が建設。キープゲイトハウス(Keep Gatehouse)様式の城。
 独特の形をしているのは、オールバニー(Albany)公の個性の表れと言われる。
 イングランドのゲイトハウスGatehouse)では2本の円形の塔が並び建つことが多くみられるが、この城は「かまぼこ」を立てたような、矩形の城の面の半分が半円形に膨らんだ形をしている。壁厚は9feetで高さは40feetある。

 なお、ゲイトハウスに続く大広間(Greathall)は、ほとんど差がなく接続しているが、一見したところでは、相当後退して建設されているように見える。一種の「だまし絵」的な面が感じられる
 15世紀初頭に王家の所有となったが、16世紀にはオールバニー(Albany)公の子孫に下賜され、その後の結婚により今のモーレイ(Moray)伯の所有となり、現在も 14代モーレイ(Moray)伯の所有する城である。

 内乱(Civil-War)には関わなかったために破壊されなかった。18世紀には朽ちて屋根が落ちたが、現14代伯が修復し、内部も見られるようになっている。

 

Doune 城 近くの町:

  南東約15kmの スターリング (Stirling) 情報

 

 

関連URL

 

Doune Castle (Undiscovered Scotland: The Ultimate Online Guide)

http://www.undiscoveredscotland.co.uk/doune/dounecastle/

 

Doune Castle - A Virtual Tour (The Lost Fort)

http://lostfort.blogspot.jp/2009/10/doune-castle-virtual-tour.html

 

Doune Castle Accommodation Information (Britain Express)

http://www.britainexpress.com/attractions.htm?attraction=1379#tabs-5