England    Scotland     Wales    A to Z

 

Balvenie 城

平面図はこちら

 

復元図はこちら

 

 

 13世紀より、コミーン(Comyn)家の屋敷であったが、15世紀にはスコットランドの有力貴族の一人であったダグラス(Black Douglas)家の所有となり、現在見られる規模の城となった。


 1455年に王に対抗して敗れて所領没収となり、城はアソル(Atholl)家に渡る。16世紀に第4代アソル伯により、城内に居住部分が新設されたが火災により崩壊した。円形の塔はその当時に建設された。

 

 17世紀にはマグレガー(MacGregor)家から度重なる攻撃を受け、内戦(Civil-War)時代は王党派として戦ったが敗れた。

 18世紀初めに放棄された。

Dufftown

 

 

ダフタウン (Dufftown) 情報

 ダフタウン (Dufftown) の町はバルヴェニー城の在る町としてよりも、ウィスキー醸造所の在る町として有名です。

 小さな町で、教会と城の他には商店街もなく、ホテルは1軒のみです。

 城を見に行く訪問者はほとんどなく、やはりウイスキー目当てに来られた方々ばかりです。宿泊先でも城が目当てで来た、とは信じられないようでした。

 

 

ウィスキー醸造所:

 町中のグレンフィディック(Glenfiddich)をはじめ、北に13kmのグレングラント(Glen Grant)、西にグレンファークラス(Glenforelas)、南西15kmにはグレンリベット(Glenlivet) と、日本でも有名なスコッチウィスキーの醸造所が軒を連ねています。(リンク先では「年齢確認」をしている場合があるので、20歳以上になるように生年月日を入力してください)

 工場見学を兼ねて試飲して廻ると、スコッチウィスキー通になれるかも。

 

イベント情報:

 毎年9月「Autumn Speyside Whisky Festival」が開催されます。'13年は9月26日~30日の予定。

普段、一般には公開されていない蒸留所もこの期間は公開されるとのこと。古城好きでスコッチも好きな向きはこの時期に合わせてはいかがでしょう。

詳細はこちら http://www.whisky.dufftown.co.uk/

 

 

宿:ホテル「Fife Arms Hotel 」→料金 

  予約はこちら http://www.hotels.uk.com/details/6853/Fife%20Arms%20Hotel.htmから。

  B&Bは10軒ほど

 

ダフタウン (Dufftown) 近くのその他の城:

 ハントリー(Huntly)城リースホール(Leith Hall)城、南東に30kmの キルドラミー(Kildrummy)城

 

Dufftown の郊外

関連URL

 

Balvenie Castle (Undiscovered Scotland: The Ultimate Online Guide)

http://www.undiscoveredscotland.co.uk/dufftown/balveniecastle/

 

Balvenie Castle Photos (iTravel uk)

http://www.itraveluk.co.uk/photos/showgallery/cat/877.php

 

 

この地ではおいしいWhiskyができます。(THE BALVENIE DISTILLERY)

http://www.thebalvenie.com/en-gb/balStory_balvenieDistillery.php?lang=en-gb&email=

 「年齢確認」がありますので、生年月日を入力しましょう。

 

Dufftown's Distilleries (Dufftown The Malt Whisky Capital of Scotland)

http://www.dufftown.co.uk/whisky_distilleries.php

 

 

宿泊施設 

Bed and Breakfast in and around Dufftown (Dufftown The Malt Whisky Capital of Scotland)

http://www.dufftown.co.uk/accommodation_bandb.php

 

HOTELS IN DUFFTOWN (Hotels.UK.com)

http://www.hotels.uk.com/uk/Moray/Dufftown-hotels.htm